TOP   動物愛護推進員とは?   適正飼養   行政関連   日記  掲示板

犬の健康管理    猫の健康管理    ペット豆知識    むだ知識

お知らせ    活動    新しい飼い主探し

推進員のつぶやき ※別ブログ

各カテゴリをクリックすると、カテゴリ内記事が一覧表示されます
新しい飼い主を募集している動物については、「お知らせ」カテゴリに分類されています


※現在、飼い主募集中の子がいます!※
サイドバー 飼い主募集中!からクリックしてごらん下さい

ぴかぴか(新しい)新しい飼い主探しネットワークぴかぴか(新しい)
こちらこちらをご覧ください


動物が好きな方、動物愛護に関心のある方、ご連絡ください
自分にできる事、ちょっとした事でいいのです。一緒に始めてみませんか?


※飼い主探しの記事のリンクにご協力いただける方がいらっしゃいましたら
当ブログのコメントかメールにて、管理人のほうまでご一報ください






2009年08月28日

素晴らしい成果

このたび宗谷支庁で新しい飼い主さんを探していた5頭の子猫ちゃんたち、
ポスター掲示を始めてわずか一週間程度で、
全員に飼い主さんが見つかり、引き取られて行きました。

素晴らしいです!
職員の皆様、推進員の皆様お疲れ様です!

何が素晴らしいのか?
それは、飼い主探しをするにあたって
行政と民間の連携がきちんと取れていること。
活動の基礎方針がすでに固められていて、対応が迅速であること。
以前からの地道な活動の成果として、地域の人々への愛護啓発が進んでいること。


そもそも、保健所に猫がいるということを
その地域に生活している人が知る機会というのは、
ふつうにしていればまず皆無でしょう。

保健所や支庁のHPに飼い主探しの写真を載せることは、
それを見にいく人にとっては
飼い主探しの一環として有効に働きかけるかもしれませんが、
個別のページに自らアクセスしなければ見ることのできない媒体は、
不特定多数の人間に対する活動としてははなはだ不十分です。

もっと「不可抗力で受け取る媒体」を活用し、
さらに、広範囲に情報を広げることが重要です。


たとえば、ポスター掲示。
新聞。ラジオ。
近隣の人への、口頭などでの直接の啓発活動。

保健所のHPに掲載し、保健所の建物と市役所にポスターを貼った…
それだけでは、ごくごく限られた人しか情報を受け取らないのは
考えるまでもないことですよね。


いざことが起こったときに、自分は何をどうすればよいのか、
かかわっている人たちが明確に把握していて
すぐに行動を起こすことができる。
その行動にはきちんと効果があり、結果につなげられる。


そういうところが素晴らしいと思います。
posted by みの at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 行政関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。