TOP   動物愛護推進員とは?   適正飼養   行政関連   日記  掲示板

犬の健康管理    猫の健康管理    ペット豆知識    むだ知識

お知らせ    活動    新しい飼い主探し

推進員のつぶやき ※別ブログ

各カテゴリをクリックすると、カテゴリ内記事が一覧表示されます
新しい飼い主を募集している動物については、「お知らせ」カテゴリに分類されています


※現在、飼い主募集中の子がいます!※
サイドバー 飼い主募集中!からクリックしてごらん下さい

ぴかぴか(新しい)新しい飼い主探しネットワークぴかぴか(新しい)
こちらこちらをご覧ください


動物が好きな方、動物愛護に関心のある方、ご連絡ください
自分にできる事、ちょっとした事でいいのです。一緒に始めてみませんか?


※飼い主探しの記事のリンクにご協力いただける方がいらっしゃいましたら
当ブログのコメントかメールにて、管理人のほうまでご一報ください






2010年09月06日

罰金制度で動物愛護の心が養われるか?

猫の繁殖時期には、毎年たいへん多くの子猫が産みおとされ、
その一部は、保護された家庭に迎えられたり
新しい飼い主探しによって飼い主が見つかったりしています。


最近、動物病院で
「親猫を世話していて、子猫を産んだので捨てた」
というケースが数件ありました。


環境省 動物愛護管理室
「虐待や遺棄の禁止」
にもありますが、
愛護動物(犬、猫は愛護動物です)を捨てた場合は
50万円以下の罰金を科せられることになっています。



しかし…

子猫を捨てる人に限ったことではなく、
成犬、成猫を保健所に連れて行く人でもそうですが、
動物を捨てる人の中には
「捨てる」ということに抵抗がないという人が少なからずいるように感じます。
捨てた犬や猫がどうなるか、ということを考えない、
たとえ考えても(死ぬことがわかっていても)それをどうも思わない

ということでしょう。

そういう感覚・考え方に対して
罰金を科すという方法で、
果たして動物愛護の心を養う効果があるのだろうか?
と思うのです。

そうした感覚の人からすれば、

罰金が科せられますよ
 ↓↓
罰金を払うのはイヤなので捨てないようにしよう(親の不妊手術をしよう)


これでは動物愛護の心で、とは言えないですね…。

もうひとつ

罰金が科せられますよ
 ↓↓
じゃあ、ばれないように捨てよう


こっちになった日にはもう、まったく何も解決せず。
しかし、こうなることは目に見えていると思ってしまうのです。

(みなさん、警察のスピード違反の取締りについて考えてみてください。
自分がどのようにしているか、わかりますよね)



動物愛護管理法の掲げる目的のひとつは、
動物を愛護する気風を招来し、生命尊重、友愛及び平和の情操の涵養に資する
…要するに
生命を尊重し、動物を愛護する心を養う というもの。

果たしてこの壮大(?)な目的が、
動物愛護管理法によって成し遂げられるものなのでしょうか?と
思わないではいられません。


動物を愛護する心、それは
動物を好きか嫌いかにかかわらず
隣人たる生命を尊重し、敬意をはらうことに他ならないと思います。
それは動物愛護にとどまらず、
その人の人としての在り方にも関わる重要な部分ではないでしょうか。
これはもう、教育全般の問題
ひいては、そこで得るさまざまな経験からそういった感覚が養われるという意味で
社会(国)全体のありかたの問題ではないのか?

と、本気で思うわけです。
(とくに、子連れでそんな話をして平気な親御さんを見ていると真剣に思います)


どうにかならないものか…
いや、どうにかなるのかどうかも不安になるくらい大きな話ですが…

posted by みの at 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 行政関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。