TOP   動物愛護推進員とは?   適正飼養   行政関連   日記  掲示板

犬の健康管理    猫の健康管理    ペット豆知識    むだ知識

お知らせ    活動    新しい飼い主探し

推進員のつぶやき ※別ブログ

各カテゴリをクリックすると、カテゴリ内記事が一覧表示されます
新しい飼い主を募集している動物については、「お知らせ」カテゴリに分類されています


※現在、飼い主募集中の子がいます!※
サイドバー 飼い主募集中!からクリックしてごらん下さい

ぴかぴか(新しい)新しい飼い主探しネットワークぴかぴか(新しい)
こちらこちらをご覧ください


動物が好きな方、動物愛護に関心のある方、ご連絡ください
自分にできる事、ちょっとした事でいいのです。一緒に始めてみませんか?


※飼い主探しの記事のリンクにご協力いただける方がいらっしゃいましたら
当ブログのコメントかメールにて、管理人のほうまでご一報ください






2010年09月24日

動物愛護週間 市民フォーラム

旭川の市民フォーラムに行ってきました。

演題は
「知っていて得する犬と猫の話」
  旭川ハート動物医療センター 有沢幸二先生
「大切な動物の命 - 処分頭数ゼロを目指すために」
  旭川市保健所 衛生検査課長 嘉見隆好先生

の二つ。
総合司会は旭川動物園の坂東元園長の予定でしたが、
当日は展示係の福井先生がなさいました。


まず気になったのが、一般参加者の少なさ。
会場も小さかったので、例年それほど参加する方がいないのだろうとは思いましたが、
それにしても関係者ばかりが着席していますね…
昨年はどうだったのでしょう


「知っていて得する犬や猫の話」
これは……  う〜ん…という感じ。
市民フォーラムですから一般市民の方向けだと思って聞いていたのですが、
実際の内容は、一般向けかなあ…?と思わされるものでした。
もちろん、一般の飼い主さんに役に立ちそうな知識は
そこかしこにちりばめられているのですが、
ほかの情報の間にちょこっと挟まれている感じなので、
一般の飼い主さんにはわかりづらかったかもしれません。
「まとめのスライド」には
今までのスライドとあまり関係のない内容もかなり含まれていたし…
全体としての印象は
「今までこんな手術をしてますよ」という症例発表でした。
こう言ってはなんですが、期待して行っただけにちょっと残念な内容でした…


「大切な動物の命 - 処分頭数ゼロを目指すために」
こちらは、笑いもなくしごく淡々と進みましたが、
内容はというと、
旭川市が本気でそれをするならすばらしい!という内容でした。
(「本気ならば」です。建前かもしれないので…懐疑的に過ぎるかもしれませんが)
ただ、建設理由のひとつに
動物愛護を進めるにあたって「拠点が必要」というものがあったのですが、
そこはちょっとどうかしらと思います。
拠点がなくても動物愛護を推進している人も、世の中にはたくさんいるわけですし。
ですが拠点があればそれらがやりやすくなる、というのであれば、まあそれで良し。
今の理念と方向性がそのまま実現されるのであれば、
大変期待できるのでは?と思いました。


総合司会は坂東園長の予定だったのですが、福井先生がなさいました。
私は坂東園長の司会も楽しみだったのでそこも残念でしたが、
そのこととは別に、福井先生の司会進行について違和感を感じました。
司会進行というのは会を円滑に進めるという役割を担うものであり、
あまり自分の意見を述べる立場ではないものと考えていたのですが…
保健所の嘉見先生のスライドの中に「地域猫」への言及があったのですが
その対策について
「公共性のある事業ではない。市民の血税を使ってすべきであるとは思わない」
と真っ向から反対意見を述べられたことに驚きました。

意見の内容がどうということではなく、
総合司会でなく一聴講者としてであれば、
そうした意見を述べることもありだとは思います。
しかし総合司会という席につき、進行の一部としての発言に
そのような個人の(しかも強い反対の)意見を入れることは
正直言って常識からはずれているのではないか?…と強く疑問を感じました。

その上、挙手してこの反対意見についてさらに反対意見を述べられた一般の方に対して
「おっしゃりたいことはなんとなくわかりますが、もう時間の都合もあるので…」
と途中でストップされ、
その方のおっしゃりたいことのまとめさえなさらずに次の進行に移られてしまったことにも
やはり不快感を感じました。

会をスムーズに進め、散らばった意見をまとめるのが司会の役割のはず…
講演を聴きに来た人は、司会の意見を聞きに来たのではないのにな、と
かなりもやもやが残りました。


講演が終わってから、嘉見先生と地域猫についてお話させていただきましたが、
嘉見先生は
「地域猫については、もう少し丁寧にご説明しなければ
なかなか理解が得られないテーマだと思うので…」と
冷静に、かつ情熱的にお話くださいました。
地域猫そのものについては賛否両論あることとは思いますが、
真剣に殺処分を減らすことを、全体が考えて行かなければいけない、
という認識を新たにさせられた講演でした。


ですが、私個人の印象では、
市民フォーラムとしては今ひとつの出来上がりの会だったと思います。
講演内容もそうですし、人選にももうひとつ工夫というか改善が必要だと感じました。
「市民」フォーラムというからには、
もっとたくさんの一般の方が参加するような会になったほうが良いと思いますし、
またそうでなければ動物愛護を浸透させるということも
先に進めないのでは、と思います。

s小豆100914-1.jpg保健所出身です
無事に飼い主にめぐり合える犬猫ばかりではありません。
処分される犬猫が少なくなってほしい…
それは犬猫が好きだから、嫌いだからということではなく、
命に敬意を払い、尊重するという気持ちから出てくるものではないでしょうか。

posted by みの at 15:14 | Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。