TOP   動物愛護推進員とは?   適正飼養   行政関連   日記  掲示板

犬の健康管理    猫の健康管理    ペット豆知識    むだ知識

お知らせ    活動    新しい飼い主探し

推進員のつぶやき ※別ブログ

各カテゴリをクリックすると、カテゴリ内記事が一覧表示されます
新しい飼い主を募集している動物については、「お知らせ」カテゴリに分類されています


※現在、飼い主募集中の子がいます!※
サイドバー 飼い主募集中!からクリックしてごらん下さい

ぴかぴか(新しい)新しい飼い主探しネットワークぴかぴか(新しい)
こちらこちらをご覧ください


動物が好きな方、動物愛護に関心のある方、ご連絡ください
自分にできる事、ちょっとした事でいいのです。一緒に始めてみませんか?


※飼い主探しの記事のリンクにご協力いただける方がいらっしゃいましたら
当ブログのコメントかメールにて、管理人のほうまでご一報ください






2010年09月24日

動物愛護週間 市民フォーラム

旭川の市民フォーラムに行ってきました。

演題は
「知っていて得する犬と猫の話」
  旭川ハート動物医療センター 有沢幸二先生
「大切な動物の命 - 処分頭数ゼロを目指すために」
  旭川市保健所 衛生検査課長 嘉見隆好先生

の二つ。
総合司会は旭川動物園の坂東元園長の予定でしたが、
当日は展示係の福井先生がなさいました。


まず気になったのが、一般参加者の少なさ。
会場も小さかったので、例年それほど参加する方がいないのだろうとは思いましたが、
それにしても関係者ばかりが着席していますね…
昨年はどうだったのでしょう


「知っていて得する犬や猫の話」
これは……  う〜ん…という感じ。
市民フォーラムですから一般市民の方向けだと思って聞いていたのですが、
実際の内容は、一般向けかなあ…?と思わされるものでした。
もちろん、一般の飼い主さんに役に立ちそうな知識は
そこかしこにちりばめられているのですが、
ほかの情報の間にちょこっと挟まれている感じなので、
一般の飼い主さんにはわかりづらかったかもしれません。
「まとめのスライド」には
今までのスライドとあまり関係のない内容もかなり含まれていたし…
全体としての印象は
「今までこんな手術をしてますよ」という症例発表でした。
こう言ってはなんですが、期待して行っただけにちょっと残念な内容でした…


「大切な動物の命 - 処分頭数ゼロを目指すために」
こちらは、笑いもなくしごく淡々と進みましたが、
内容はというと、
旭川市が本気でそれをするならすばらしい!という内容でした。
(「本気ならば」です。建前かもしれないので…懐疑的に過ぎるかもしれませんが)
ただ、建設理由のひとつに
動物愛護を進めるにあたって「拠点が必要」というものがあったのですが、
そこはちょっとどうかしらと思います。
拠点がなくても動物愛護を推進している人も、世の中にはたくさんいるわけですし。
ですが拠点があればそれらがやりやすくなる、というのであれば、まあそれで良し。
今の理念と方向性がそのまま実現されるのであれば、
大変期待できるのでは?と思いました。


総合司会は坂東園長の予定だったのですが、福井先生がなさいました。
私は坂東園長の司会も楽しみだったのでそこも残念でしたが、
そのこととは別に、福井先生の司会進行について違和感を感じました。
司会進行というのは会を円滑に進めるという役割を担うものであり、
あまり自分の意見を述べる立場ではないものと考えていたのですが…
保健所の嘉見先生のスライドの中に「地域猫」への言及があったのですが
その対策について
「公共性のある事業ではない。市民の血税を使ってすべきであるとは思わない」
と真っ向から反対意見を述べられたことに驚きました。

意見の内容がどうということではなく、
総合司会でなく一聴講者としてであれば、
そうした意見を述べることもありだとは思います。
しかし総合司会という席につき、進行の一部としての発言に
そのような個人の(しかも強い反対の)意見を入れることは
正直言って常識からはずれているのではないか?…と強く疑問を感じました。

その上、挙手してこの反対意見についてさらに反対意見を述べられた一般の方に対して
「おっしゃりたいことはなんとなくわかりますが、もう時間の都合もあるので…」
と途中でストップされ、
その方のおっしゃりたいことのまとめさえなさらずに次の進行に移られてしまったことにも
やはり不快感を感じました。

会をスムーズに進め、散らばった意見をまとめるのが司会の役割のはず…
講演を聴きに来た人は、司会の意見を聞きに来たのではないのにな、と
かなりもやもやが残りました。


講演が終わってから、嘉見先生と地域猫についてお話させていただきましたが、
嘉見先生は
「地域猫については、もう少し丁寧にご説明しなければ
なかなか理解が得られないテーマだと思うので…」と
冷静に、かつ情熱的にお話くださいました。
地域猫そのものについては賛否両論あることとは思いますが、
真剣に殺処分を減らすことを、全体が考えて行かなければいけない、
という認識を新たにさせられた講演でした。


ですが、私個人の印象では、
市民フォーラムとしては今ひとつの出来上がりの会だったと思います。
講演内容もそうですし、人選にももうひとつ工夫というか改善が必要だと感じました。
「市民」フォーラムというからには、
もっとたくさんの一般の方が参加するような会になったほうが良いと思いますし、
またそうでなければ動物愛護を浸透させるということも
先に進めないのでは、と思います。

s小豆100914-1.jpg保健所出身です
無事に飼い主にめぐり合える犬猫ばかりではありません。
処分される犬猫が少なくなってほしい…
それは犬猫が好きだから、嫌いだからということではなく、
命に敬意を払い、尊重するという気持ちから出てくるものではないでしょうか。

posted by みの at 15:14 | Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

現在犬3匹と暮らしている
札幌近郊に住んでいるものです。

日頃から不幸になってしまった動物達の事が
気になっていますがどう行動したらよいか思考中です。

「動物愛護推進委員」の活動は仕事を持った者でも可能なのでしょうか。

自営で一人で営んでいるため定休日(平日)しか都合がつきません。
そんな者でもやる気・熱意があればお力になれるのでしょうか?

教えてください。
お願いします。
Posted by loc*shi at 2010年10月07日 23:21
loc*shiさま、はじめまして。
ご訪問ありがとうございます♪

動物愛護推進員の活動頻度・活動内容は、その自治体によってもさまざまですが、個人個人でも大きな差があると思います。
行政職員と密に連携を取って活動している方もいれば、お一人または少人数で活動される方もいらっしゃるようです。
活動内容はというと、推進員個人の技量・知識量にあわせた活動を、自主性・自発性に任せて行ってもらうということらしい(この「完全人任せ」という行政の姿勢のの是非はともかく)ので、時間のある人はある人なりの、ない人はない人なりの活動をすればOKということになります。

仕事を持っている人もたくさんいますので、問題ないと思います。

ただ、札幌市は動物愛護推進員の委嘱を行っていないと思います。ですので、札幌市在住であれば推進員の委嘱を受けることはできません。
ですが、推進員であろうとなかろうと、動物のために何か…と同じ思いでいろいろな活動されている方はたくさんいると思います(^^)
もしこれから何か始めようと思われるのであれば、まずペット業界や保健所についてなどの知識を得ることからはじめてはいかがでしょうか?
Posted by みの at 2010年10月09日 15:47
みのさま、

返事が遅くなりすみません。

丁寧にご回答いただいてありがとうございます。

今の私の状態をお話します

可能であれば保健所や愛護センターから1匹でもワン・ニャンを引き出し里親さんにつなげてあげられるようなことをしたいのですが・・・

我が家には里親になった2匹の中型犬と大型犬が居り、ほとんど私一人でみていますので、これ以上頭数が増えるのは無理。。。

猫を・・・と思いますが

伴侶が猫アレルギー。。。

ならば保護団体に寄付と、頭をよぎりましたが
経済的に豊かではないので高額寄付は無理である

そして疑り深い性格なので(性格悪いんです私!)
もし小額でも寄付をした場合
動物達にきちんと活かされるのか心配なのです。

たくさん団体がありますが、見極められる技量が私には無いと思うので難しそう。。。



身体を使うボランティアには
とても興味があったので

とある団体のお手伝いに伺ったこともありますが

短時間(3〜4時間)しか居られなく
行けるのは月1がやっと・・

3回ほど伺いましたが

その後に

我が家の犬が手術&術後トラブルでいまだに
ハッキリせず、

そちらには3ヶ月伺っていません。

そして冬は行けないですし。。。

こんなだとあちらも使いづらいのかな?かえってご迷惑かなと感じたり。
(独りよがりですが・・・)



考えているだけでは前に進めないので
何かしたいのですが
「継続していける事」が大切だと思います。

それを探していて「動物愛護推進員」を知りました。


活動についてはは自分で考え行動するという事なのですね。

もうひとつ質問させていただきたいのですが

「動物愛護推進員」であるメリットのようなものはありますか?

長くなり大変申し訳ありませんお時間のあるときにでもお願いいたします。
Posted by loc*shi at 2010年10月11日 15:55
loc*shiさま

お返事ありがとうございます。
お返事を拝見して、loc*shiさんのお考えになる活動は、「動物の保護・譲渡およびその周辺」に限定されているのかな?という印象を受けました。

動物愛護=動物の飼い主探し
(イコールでなくニアリーイコールかも知れませんが)
と考える方が多いとは思いますが、私の感覚では、保健所やセンター、ブリーダー崩壊(崩壊といっていいものか?)、個人の放棄などの動物の保護や飼い主探しは、動物愛護の最重要活動ではありません(あくまでも私の考え方ですが)。

なぜそうした動物が存在するのか?ということから考えてみるというのも、一つの方法ではないでしょうか。

今いる命を救う、というのはもちろん大切なことです。ですが、そこをものすごくがんばったとしても、後から後から動物が生み出され、捨てられていくという状況が存在するとしたらどうでしょう?

私が動物愛護でもっとも大切だと思うことは、動物愛護の啓発や、知識の普及です。
たとえば保護・譲渡の活動であれば、保護・譲渡それ自体が目的ではなく、その活動を通じて適正飼養の啓発を行ったり、犬猫についての知識を普及させたりすることが目的となります。
知識の普及や動物愛護の啓発のために、ということであれば、保護・譲渡のほかにもいろいろな活動が考えられると思います。
もし人になにかの啓発や知識の伝達をするのであれば、まずそれを行う側がある程度知っておくことが必要です。そのような思考で先のコメントに「知ることから…」と書くに至ったわけです。


***********************

推進員であることのメリットは、
まず行政の動物担当職員との直接の連絡経路が確立されるということですね。
また、希望すれば保健所の収容施設内部を見る、保護動物にコンタクトできる、内々で昨今の処分事情などを聞けるなど、内部事情を知ることができます。
(もっとも、収容頭数や処分頭数などは聞かずとも公開している支庁もあります。本来隠すべきものでもないと思うのですが…)
また、推進員同士のつながりができますので、ほかの方とも相談・協力することができます。
大きなことを言えば、担当職員と連携を取って、常識的かつ適正に活動をする限り、推進員の活動については北海道が後ろ盾となり責任を持ってくれますよ。

推進員は先にも書きましたとおり、「好きにやってね」と放置されている感もあり、そこは問題だとは思いますが、裏を返せば自由度も高いということです。


コメント欄でやりとりするのもなんですので、メールで詳しいお話をすることもできますが、いかがでしょうか。
Posted by みの at 2010年10月12日 14:10
みのさま


ブログのコメントランに非常識にもしつこく質問してしまい申し訳ありませんでした。

とても参考になりました。

自分なりに考えて見ます。
ありがとうございました。
Posted by loc*shi at 2010年10月13日 16:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

高知県 - 確実☆即決せフレ案内所
Excerpt: 登録からお相手検索、待ち合わせまで全てをこのサイトでチェック!
Weblog: 高知県 - 確実☆即決せフレ案内所
Tracked: 2014-06-06 06:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。