TOP   動物愛護推進員とは?   適正飼養   行政関連   日記  掲示板

犬の健康管理    猫の健康管理    ペット豆知識    むだ知識

お知らせ    活動    新しい飼い主探し

推進員のつぶやき ※別ブログ

各カテゴリをクリックすると、カテゴリ内記事が一覧表示されます
新しい飼い主を募集している動物については、「お知らせ」カテゴリに分類されています


※現在、飼い主募集中の子がいます!※
サイドバー 飼い主募集中!からクリックしてごらん下さい

ぴかぴか(新しい)新しい飼い主探しネットワークぴかぴか(新しい)
こちらこちらをご覧ください


動物が好きな方、動物愛護に関心のある方、ご連絡ください
自分にできる事、ちょっとした事でいいのです。一緒に始めてみませんか?


※飼い主探しの記事のリンクにご協力いただける方がいらっしゃいましたら
当ブログのコメントかメールにて、管理人のほうまでご一報ください






2006年04月18日

<猫は生理がない?>

メス猫の排卵形式は、交尾排卵(誘起排卵)といって、交尾による刺激がなければ排卵しないのです。そのため、生理による出血はありません。
メス猫の発情期間は、約10日間。
逆にいうと、オス猫と交尾しなければ、発情を繰り返すことになります。

関連記事:猫の繁殖生理
posted by みの at 01:37 | Comment(4) | TrackBack(0) | ペット豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひろさん、丁寧に教えていただいてありがとうございます。猫と犬ってペットの王道って感じかなと思っていて、勝手に似てるのかも?と思い込んでいました。

知らないことって、多いなあとつくづく痛感してます。

猫は春になると、屋根の上で雄同士がギャーと叫んで喧嘩してたりしますよね。あれは、雄猫が発情してるのでしょうか?雌猫は交尾しないと、1年中発情を繰り返しているのでしょうか?もし、そうだったら、すごいストレスでしょうね。。。
Posted by HΛLママ at 2006年04月18日 18:20

こんにちは、HΛLママさん。

猫の繁殖シーズンは、春と秋です。
メス猫が発情すると、オス猫はそれに刺激されて交尾をするようになります(メス猫をめぐっての縄張り争いも)。「オス猫が発情した」とよく誤解されていますが、本来は「メス猫が発情した」が正しいわけです。
私も、こうして勉強する以前は、「オス猫が発情・・・」と思っていました〜。

1回のシーズンで、オス猫との交尾がない場合、2週間〜3週間の周期で発情が繰り返されます。
HΛLママさんのご指摘の通り、室内で飼育されてオス猫との交尾のないメス猫の場合、発情によるストレスがあると思われます。
避妊手術をすると、発情によるストレスや子宮の病気がなくなります。
ですが、避妊するかしないかは、飼い主さんの判断によります。愛猫が快適に過ごせるよう、飼い主さんの責任において判断して下さいね。


Posted by ひろ at 2006年04月20日 12:24
補足です。
猫の発情周期は日照時間に影響を受けることがわかっています。このため、室内飼育の猫の場合、自然とは異なる日照時間のもとで生活しますので、本来の「季節性多発情」(決まった季節のある一定期間内において発情を数回繰り返す)ではなく「周年性発情」(季節に関係なく一定の発情周期を年間通して繰り返す)となることがあります。
猫の繁殖に対する衝動はとても強いことが知られていて、発情しているのに交尾できない雌猫にはストレスがあるとも言われます。室内飼育の猫に関しては、避妊処置を施してあげることは心身のストレス軽減につながります。
Posted by みの at 2006年04月20日 18:29
ひろさん、みのさん、すごくわかりやすくて丁寧なお返事をいただき、ありがとうございます♪今は犬と暮らしていますが、実は猫も好きなんです。(というか動物はたいてい好き。ダメなのはゴキブリ。。。あれは動物???)なので、いつか猫と暮らすこともあるかもしれないので、とても役にたちます。

猫は犬よりももっと、発情しているのに交尾できないとストレスがたまるのですね。前に犬や猫の健康に一番寄与するのは、食生活かな?と思っていて、ホームドクターにうかがったら、「いや、精神的なものが大きいと思う」と言われて以来、犬や猫の精神的充足について、どうしたらいいかを考えてきました。

猫がそんなにストレスを感じるのなら、精神的充足のためにも、避妊手術をしてあげないとかわいそうですね。
Posted by HΛLママ at 2006年04月20日 19:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16707463

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。