TOP   動物愛護推進員とは?   適正飼養   行政関連   日記  掲示板

犬の健康管理    猫の健康管理    ペット豆知識    むだ知識

お知らせ    活動    新しい飼い主探し

推進員のつぶやき ※別ブログ

各カテゴリをクリックすると、カテゴリ内記事が一覧表示されます
新しい飼い主を募集している動物については、「お知らせ」カテゴリに分類されています


※現在、飼い主募集中の子がいます!※
サイドバー 飼い主募集中!からクリックしてごらん下さい

ぴかぴか(新しい)新しい飼い主探しネットワークぴかぴか(新しい)
こちらこちらをご覧ください


動物が好きな方、動物愛護に関心のある方、ご連絡ください
自分にできる事、ちょっとした事でいいのです。一緒に始めてみませんか?


※飼い主探しの記事のリンクにご協力いただける方がいらっしゃいましたら
当ブログのコメントかメールにて、管理人のほうまでご一報ください






2006年04月27日

猫の繁殖生理

猫は

季節性繁殖(ある季節に発情期をむかえる)
多発情(一回の発情期に繰り返し発情する)
交尾排卵(交尾刺激によって排卵が起こる)

の繁殖形式を示す動物です。

日本では1月〜8月が猫の繁殖期にあたります。ですが、最近は人間と生活をともにしているため、夜になってからも室内の照明の影響を受けて、季節と発情期が関係なくなり、一年中発情を繰り返す猫もみられます


足跡P_031.gif 足跡P_031.gif 足跡P_031.gif


猫の発情は

「発情前期」発情兆候を示すが雄を受け入れない(1〜2日)
「発情期」雄を受け入れる(7〜10日が多いが、個体差がある)
「排卵」交尾後1〜2日で排卵が起こる
「発情終了」交尾後3〜4日で発情が終わる
「発情休止期」交尾しなかった猫は2〜3週間おいて再び発情

という一連の流れを示します。

2〜3回発情を繰り返していったん1〜2ヶ月の無発情期を迎えたのち再び発情したり、しばらく発情を繰り返したあと秋以降の長い無発情期を迎えたりと、猫の繁殖周期は個体によってばらつきが大きいことが知られています。


足跡P_031.gif 足跡P_031.gif 足跡P_031.gif


猫の発情兆候はとても分かりやすく、大きな声で鳴きながら頭や体を辺りにすりつけ、体をかがめて腰を上げ、尾を左右どちらかに引きつけ、足踏みをし、床を転げ回ります。これらの反応は腰の辺りに触ると顕著に見られます。また、発情期に食欲が落ちる雌猫もいます。これらの発情兆候は、一般に長毛種よりも短毛種のほうが強く示します。

猫は単独生活を営む動物で、自然界で雄と発情している雌が出会う確率は、自然に任せていてはとても低いものになります。発情兆候を強く示すことにより、匂い・音・動きによって雄と出会う確率を高くしているものと考えられます。


足跡P_031.gif 足跡P_031.gif 足跡P_031.gif


猫は、雌は6〜10ヶ月で性的に成熟し、発情を迎えるようになります。雄はやや遅く、9ヶ月くらいに繁殖が可能となります。雌の発情は個体差が大きく、4ヶ月程度で初めての発情を迎える猫もいますが、初めての発情で妊娠することは猫の体に負担が大きいと言われます。

猫は、高齢になるにしたがって発情が弱くなり、回数も減りますが、生涯を通じて発情がなくなることはありません。20歳の雌猫の妊娠という記録が残っています。高齢出産もまた猫の体に大きな負担となります。


足跡P_031.gif 足跡P_031.gif 足跡P_031.gif


猫の繁殖衝動は強く、雌猫の発情期の雄猫同士の争いは激しいものです。去勢手術を行っていない雄猫は、この時期に爪や牙による喧嘩傷を負うことがとても多くなります。猫の咬み傷や爪による傷は、細い針などで体の深部に細菌を植え付けるのと同じで、皮膚の下などで化膿することが非常に多くなります。
また、猫同士の喧嘩傷によって「猫免疫不全ウイルス」「猫白血病ウイルス」の感染を起こす危険性があります。また、猫白血病ウイルスは唾液などによる経口感染も見られます。野外で妊娠する雌猫には、周囲の雄猫からのアプローチによって感染の機会が多くなります。


非繁殖期の雌猫、避妊手術を施された雌猫、去勢手術を施された雄猫は、繁殖にまつわる争いにまったく関与しません。ですから、避妊去勢手術を猫に施すことは、飼い猫を傷や病気から守る有効な手段です。
社会的なマナーとして、また猫自身のためにも、室内で飼うことが望ましいのですが、室内のみで避妊去勢していない猫を飼育する場合、繁殖期には猫に強い衝動が生まれるため、非常に大きなストレスがかかります。室内飼育のストレスを軽減してやるためにも、避妊去勢は猫のために有効な処置と言えるでしょう。
「室内で飼育している猫は、室外飼育の猫に比べて寿命が長い」また、「避妊・去勢をしている猫は、していない猫に比べて寿命が長い」というデータがあります。


足跡P_031.gif 足跡P_031.gif 足跡P_031.gif



愛猫を病気とストレス、怪我や事故から守り、長い間一緒に暮らせるように、愛猫に避妊・去勢手術を受けさせましょう。





関連記事:猫・知っておきたい病気--生殖器系(雌)猫・知っておきたい病気--泌尿器猫は生理がない?
posted by みの at 17:53 | Comment(3) | TrackBack(0) | 猫の健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ね、ね、みのさん、
「室外で飼育している猫は、室内飼育の猫に比べて寿命が長い」これって、そうなのですか?室内飼育の方が感染の危険が低くて、長生きするのかなと思っていたのですが。。。
Posted by HΛLママ at 2006年04月27日 21:24
あ〜逆、逆。内外逆に書いちゃった。ごめんなさい、訂正しました。HΛLママさんありがとうございます!
もちろん室内の方が室外に比べて長生きしますよ〜。室外の猫は病気のほかに交通事故もあるしね。
Posted by みの at 2006年04月27日 23:27
失礼致します(^^)。
ブログリンクサイト『こうじょう.COM』のみつです。
先日はリンクして頂きありがとうございました。
皆さんのご協力により、お陰さまでたくさんの方に利用していただけるようになりました(^^)。
4月30日より新しいトップページの運営を開始しましたので報告致します。
新しいトップページでは、皆さんのブログの紹介など、様々な分野に興味を持っていただけるような運営を行っています。
「ジャンル別掲示板」「バトン」「ミニゲーム」「芸能・アーティスト活動の応援ページ」などもあります。
是非、情報交換・交流の場としてご活用ください。
これからも皆さんのお役に立てるようなサイト運営をして行きたいと思います。
今後ともよろしくお願い致します(^^)。

追記。【ご協力のお願い。】
是非お友達にもご紹介ください(^^)。
紹介の輪が広がることで、より実用的で充実したサイトになっていくと思います。
楽天ブログ以外の方も大歓迎です。
バナーを貼っていただけるだけでも嬉しいです(^^)。(日記のネタに困ったときなどに記事にしていただけるだけでも嬉しいです(^^;)。)
もしよろしければご協力お願い致します。


★新しいトップページです★

向上コム1
http://kojo-com.main.jp/

向上コム2(別デザイン)
http://kojo-com2.main.jp/

Posted by みつ at 2006年05月03日 08:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17106718

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。