TOP   動物愛護推進員とは?   適正飼養   行政関連   日記  掲示板

犬の健康管理    猫の健康管理    ペット豆知識    むだ知識

お知らせ    活動    新しい飼い主探し

推進員のつぶやき ※別ブログ

各カテゴリをクリックすると、カテゴリ内記事が一覧表示されます
新しい飼い主を募集している動物については、「お知らせ」カテゴリに分類されています


※現在、飼い主募集中の子がいます!※
サイドバー 飼い主募集中!からクリックしてごらん下さい

ぴかぴか(新しい)新しい飼い主探しネットワークぴかぴか(新しい)
こちらこちらをご覧ください


動物が好きな方、動物愛護に関心のある方、ご連絡ください
自分にできる事、ちょっとした事でいいのです。一緒に始めてみませんか?


※飼い主探しの記事のリンクにご協力いただける方がいらっしゃいましたら
当ブログのコメントかメールにて、管理人のほうまでご一報ください






2010年12月20日

考えてみてほしい

現在、名寄保健所に入っている猫たちは
名寄市内で野良猫・外猫への餌やりが行われている場所、
およびその周辺地域から捕獲されてきたとおぼしき猫たちです。
(当然、この子たちはほんの一部です)

【こちらをごらんください】


外猫に餌を与えて繁殖を手助けしている人は、
その猫がなにをし、最終的にどうなるのか
考えることがあるのでしょうか?


生きている猫ですから当然糞も尿もします。
自分の庭や玄関先にされたそれらの排泄物を
嫌だと思いながらも処理しなければならない人がいます。
畑や庭の草木を猫によって荒らされて困る人がいます。
行政に収容された猫の処分を行わなければいけない職員は、
したくてするわけではないはずです。


保健所に収容された猫たちが最終的にどうなるか、
一般の方々はご存知でしょうか。

1)
完全室内飼育・不妊手術の実施をする意思の明確な
ペット飼育OKの住宅に居住している
ペットを飼えるだけの経済的余裕のある家庭に譲渡され、
可愛がられて生涯を終えるケース。

2)
譲渡はされたものの、新しい飼い主のモラルの問題から
不妊手術をしなかったり、戸締りがゆるいなど
「猫の逃亡を防ぐための対策」が不十分であったために逃亡し
行方不明になるケースや、
新しい飼い主の猫の室内飼育についての意識が低く、
自由に外出させて飼育するなどによって
事故・感染・その他によって死亡するケース。

3)
猫どうしでうつる病気にもともと感染しており、保健所内で発症して死亡するケース。

4)
譲渡先が見つからず、保健所で安楽死となるケース。


100%が1)となればよいのですが、現実ではそうはなりません。
北海道だけで、年間3000頭以上の猫が処分されており、
例えば旭川市では年間300頭以上の猫が処分されたというデータがあります

(平成17年度)。

餌やりさんの餌場でいたずらに繁殖した結果、
数を増した猫の集団の中で病気が蔓延し、
子猫や若猫が衰弱・大量死する場所もあります。
名寄市内にも、猫にとってたいへん危険なウイルス感染症が存在していますが、
猫が増えるということはウイルスの運び屋が増えるということ。
運び手が多ければ、さらに多くの猫が
ウイルス感染に苦しむことになるでしょう。


猫に餌を与える行為は確かに楽しく、心癒されることかもしれません。
しかし、何も考えずにその身勝手な満足に身を浸すことは
自分の行為の結果誰が困ろうが猫が死のうが知ったことではない
自分さえ楽しければそれでよい、と言っているのと
かわらないのではないでしょうか。

猫に餌をやりたければ、
自分の家で猫を飼って、
目いっぱい愛情を注いで育ててあげてください。

様々な事情からそれができないのであれば、
せめて病気で死んだり安楽死されたりする不幸な猫がこれ以上増えないように、
餌やりをせずにそっと見守ってあげてください。

posted by みの at 14:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 適正飼養について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
blog拝見しました。

旭川市に住むトラミと言います。
以前から、「しっぽの会」等の活動を知り、旭川にも同じ様な活動をしている人達が居ないのか…と探していました。
今朝の北海道新聞にも出ていましたが…基本的には、最初に猫や犬を飼うと決めた飼い主が、責任を持って飼っていれば、殺処分される猫や犬は居ませんよね…。
うちの子も、一匹は保健所から貰って来た子で…
一匹は、事情があって私の実家に預かってもらっていますが、推定3〜4歳で病気の為?捨てられていた子です。
他にも、うちの子達が通っている病院前に子猫・子犬(圧倒的に猫が多いみたいですが)、病気の動物達を捨てて行く人達が居るらしいです。
私の周りでは、野良猫・野良犬の姿は全く見掛けなくなりましたが…その分、保健所で殺処分される子達が増えているんでしょうか?
全く纏まりのない話しになってしまいましたが…私に出来る事はしたいと思っていますので、活動団体な個人的にでも同じ志を持っている方を知っていましたら、私もお仲間に加えて頂きたく連絡させていただきました。
ヨロシクお願いします。

トラミ
Posted by トラミ at 2010年12月28日 07:39
トラミ様

あけましておめでとうございます!
ご訪問ありがとうございます。

保健所で処分される子達のことは、たくさんの人に知ってもらって、考えてもらわなければいけないことだと思います。
ですが、保健所で「動物を処分しました」などということはあまり公にはしませんよね。
処分する保健所が悪者、という図式で見てしまう人が多いということがそのひとつの理由だとは思いますが…
だから隠しておけばいいかといえば、もちろんそうではないはずなのです。
動物が好きな人の中にも、「かわいそうなので見ないようにしている」と保健所などの実情から目をそむけている人も多いようです。
まず、知ること、知らせることが大事なのだと思います。

動物愛護に関心をお持ちなのであれば、もしよろしければメールでお話するというのはいかがでしょうか?
アドレスは →右サイドバーにあります。いつでもお待ちしております。

Posted by みの at 2011年01月04日 11:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/174238984

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。