TOP   動物愛護推進員とは?   適正飼養   行政関連   日記  掲示板

犬の健康管理    猫の健康管理    ペット豆知識    むだ知識

お知らせ    活動    新しい飼い主探し

推進員のつぶやき ※別ブログ

各カテゴリをクリックすると、カテゴリ内記事が一覧表示されます
新しい飼い主を募集している動物については、「お知らせ」カテゴリに分類されています


※現在、飼い主募集中の子がいます!※
サイドバー 飼い主募集中!からクリックしてごらん下さい

ぴかぴか(新しい)新しい飼い主探しネットワークぴかぴか(新しい)
こちらこちらをご覧ください


動物が好きな方、動物愛護に関心のある方、ご連絡ください
自分にできる事、ちょっとした事でいいのです。一緒に始めてみませんか?


※飼い主探しの記事のリンクにご協力いただける方がいらっしゃいましたら
当ブログのコメントかメールにて、管理人のほうまでご一報ください






2006年05月10日

飼い主の風邪はペットにうつる?

飼い主さんの家族が風邪をひいたりすると、「うつるから」といってかわいいペットを遠ざけたり、違う部屋で休ませたりする人もいますが、人のひく風邪のウイルスは犬や猫には病原性を示しません。ですから、猫と一緒の部屋で休もうと、犬の目の前でくしゃみを連発しようと、動物がそれで風邪をひくということはありません。
ところが、人のインフルエンザを共有してしまうペットが一種類います。フェレットです。
フェレットはイタチの仲間で、猫や犬よりも小さくて飼育スペースも少なくてすみ、人とのコミュニケーション能力もあって、じゃれたりして遊ぶこともできるということから、飼育している人もたくさんいます。
ですが、人とフェレットとでインフルエンザウイルスを相互にやり取りしてしまうため、飼い主がインフルエンザにかかると、フェレットにも感染してしまいます。このことがあるために、フェレットは動物介在療法などには不向きです。
通常、健康で体力のある大人であれば、重症になることは少ないと言われますが、場合によっては肺炎など命にかかわる症状を引き起こすこともあります。インフルエンザの季節には注意が必要です。
posted by みの at 15:24 | Comment(2) | TrackBack(2) | ペット豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みのさん、教えてくださってありがとうございます♪我が家のHΛLの風邪は、私のがうつったんだと動物病院でドクターに言われて、信じていました。なので、HΛLに悪いことしたなあとすごく反省してたのに、いったいあれは何だったのかなあ〜〜???

しかもコミュにそれ書いちゃいました(アセアセ

早速、訂正しなくっちゃ!また、いろいろ教えてくださいね。ありがとうございます♪

Posted by HΛLママ at 2006年05月17日 19:30
HΛLママ様こんにちは。
人と犬とは感受性ウイルスが異なるので、人の感染ウイルスに暴露されても犬は通常平気です。ただ、人も犬も呼吸器感染を起しやすい状況は同じですので、もしかすると、かかりつけ獣医さんはそういう意味のことをおっしゃったのかもしれませんよ。
HΛLママ様が風邪を引くような環境というとHΛLちゃんもウイルスがあれば感染しやすくなりますので、気を付けてあげたほうがいいですね。
Posted by みの at 2006年05月20日 21:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17625593

この記事へのトラックバック

猫って集会でこんな事話してるそうです。
Excerpt: これはおもしろいwwwwwwwwwwww 記事はこっち ニャー速さん...
Weblog: BLOOG??RANKIGカテゴリβ2.0
Tracked: 2006-05-10 17:22

猫って集会でこんな事話してるそうです。
Excerpt: これはおもしろいwwwwwwwwwwww 記事はこっち ニャー速さん...
Weblog: BLOOG??RANKIGカテゴリβ2.0
Tracked: 2006-05-15 11:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。