TOP   動物愛護推進員とは?   適正飼養   行政関連   日記  掲示板

犬の健康管理    猫の健康管理    ペット豆知識    むだ知識

お知らせ    活動    新しい飼い主探し

推進員のつぶやき ※別ブログ

各カテゴリをクリックすると、カテゴリ内記事が一覧表示されます
新しい飼い主を募集している動物については、「お知らせ」カテゴリに分類されています


※現在、飼い主募集中の子がいます!※
サイドバー 飼い主募集中!からクリックしてごらん下さい

ぴかぴか(新しい)新しい飼い主探しネットワークぴかぴか(新しい)
こちらこちらをご覧ください


動物が好きな方、動物愛護に関心のある方、ご連絡ください
自分にできる事、ちょっとした事でいいのです。一緒に始めてみませんか?


※飼い主探しの記事のリンクにご協力いただける方がいらっしゃいましたら
当ブログのコメントかメールにて、管理人のほうまでご一報ください






2006年05月23日

犬・知っておきたい病気--生殖器系(雌)

かわいい<子宮蓄膿症>

定義:子宮に膿汁が溜まっている疾病

発生年齢:10ヶ月〜20歳齢、平均7歳。4歳以下の発症は少ない

発生素因:出産の経験のない雌犬、あるいは長期間出産していない雌犬

症状食欲低下、水をよく飲む、嘔吐、脱水、お腹が張っている、体温が高い、陰部からの粘液

※これらの症状は必発ではなく、緩やかに進行する症例もある

治療卵巣子宮前摘出術が第一選択治療。高齢の犬、全身状態の悪化している犬には手術前の管理が重要。投薬による治療は治療効果は高くない場合が多く、再発の可能性も高い


snmdogbs.gif snmdogbs.gif snmdogbs.gif


かわいい<乳腺腫瘍>

定義:乳腺に発生する腫瘍

発生年齢:老齢に多く、平均10〜11歳

発生素因:性ホルモン依存性の腫瘍であり、早期に避妊手術をした犬では発生率が低く、発情を重ねた犬で発生率が高くなる。初回発情前に避妊の場合の発生率は約0.5%、初回発情後の避妊では約8%、二回目以降の発情で避妊の場合は約26%

症状:乳腺にそって発生する腫瘤。大きさ・数・性状は個体により異なる。初期には全身状態には変化ない。悪性度はおよそ50%。悪性である場合には近隣リンパ節や肺への転移の可能性も出てくるため、早期に発見・診断を行うことが重要である

治療:悪性度の診断が困難な腫瘍である。悪性と診断された場合は外科的摘出術を検討する。悪性の診断を受けなかった場合でも、定期的な経過観察を行う


snmdogbs.gif snmdogbs.gif snmdogbs.gif




関連記事:雌犬の繁殖生理雌犬の不妊手術にまつわる諸々雄犬の繁殖生理犬・知っておきたい病気--生殖器系(雄)
posted by みの at 16:11 | Comment(2) | TrackBack(2) | 犬の健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みのさん、
先日はブログへ訪問してくださりありがとうございました。また、リンクもありがとうございます!お礼をいうのが遅くなりすみませんでした。

うちのバーニーズのメリーは、飼育不可能となった飼い主さんがネットで里親募集をして、昨年うちにやってきた犬なのですが、来たときにはすでに子宮蓄膿症の状態でした。
症状としては、上記のほとんどがあてはまっていたのですが、ただ一つ、食欲だけが異常に旺盛で、手術の最終判断にとても迷いました。
ガリガリに痩せていたところを見ると、あまりごはんを十分にもらっていなかったのが原因のようです。
来た当時も元気だと思っていたのですが、今から比較すると、やはり病気だったのだな〜と改めて実感します。 元気で元気で、とても7歳とは思えません。
Posted by ぐうびるこ at 2006年05月23日 16:58
こんにちは!ご無沙汰しています。
メリーちゃんはそんな経緯のある子だったんですか!今は元気いっぱいなので想像もしなかったですね。普通は子宮蓄膿症は食欲がまず落ちて気づく飼い主さんが多いと思うのですが、メリーちゃんの事情では食に対する執着が異常に高かったのかもしれませんね。
バニで7歳というと高齢と言っても良いかもしれませんが、まだまだ若いもんには負けんぞ〜!の意気で頑張って欲しいですね!
Posted by みの at 2006年05月25日 10:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アレルギー性皮膚炎
Excerpt: 現代人の持病として定着したのが「アトピー性皮膚炎」だが、犬でも同様でダニやスギ花粉など、アレルゲンとなる物質はたくさんある。 最初は、犬によっては、春のスギ花粉、初夏から夏のダニなど、季節病の傾向..
Weblog: 犬の病気解決!皮膚病・目・耳・鼻-犬病気専門-
Tracked: 2006-09-04 05:17

子どものアトピー、ぜん息、アレルギー 「
Excerpt: 著者は免疫学の第一人者の安保新潟大学教授と交流のある方。娘が喘息様気管支炎と診断された為、とにかく知識を増やそうと読んだ本。よく眠らせる、たっぷり汗をかかせる等、周知のこともあるが、食事の具体的な改善..
Weblog: 病気を...
Tracked: 2007-10-12 07:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。