TOP   動物愛護推進員とは?   適正飼養   行政関連   日記  掲示板

犬の健康管理    猫の健康管理    ペット豆知識    むだ知識

お知らせ    活動    新しい飼い主探し

推進員のつぶやき ※別ブログ

各カテゴリをクリックすると、カテゴリ内記事が一覧表示されます
新しい飼い主を募集している動物については、「お知らせ」カテゴリに分類されています


※現在、飼い主募集中の子がいます!※
サイドバー 飼い主募集中!からクリックしてごらん下さい

ぴかぴか(新しい)新しい飼い主探しネットワークぴかぴか(新しい)
こちらこちらをご覧ください


動物が好きな方、動物愛護に関心のある方、ご連絡ください
自分にできる事、ちょっとした事でいいのです。一緒に始めてみませんか?


※飼い主探しの記事のリンクにご協力いただける方がいらっしゃいましたら
当ブログのコメントかメールにて、管理人のほうまでご一報ください






2006年06月16日

猫・知っておきたい病気--生殖器系(雌)

かわいい<子宮蓄膿症・子宮内膜炎>

定義:子宮内膜の過形成に炎症・感染の加わった状態

発生年齢:3歳以上に多い

症状陰部から出る膿や血のような分泌物、腹囲膨満。ほか食欲・元気の低下、嘔吐、体重の低下

治療子宮摘出術(抗生物質の投与と全身状態の管理を合わせて行なう)。または局所ホルモン製剤(プロスタグランジン)の投与。


参考:<子宮水腫>

定義:子宮内膜の過形成
症状:腹囲膨満のほかは無症状。
治療:子宮摘出術。


足跡P_031.gif 足跡P_031.gif 足跡P_031.gif


かわいい<乳腺腫瘍>

定義:乳腺に発生する腫瘍

発生年齢:10〜14歳での発生が多い。不妊処置の有無による差は、犬ほど明らかではない

※初回発情前に不妊処置を受けた猫の発生は明らかに低い

症状:乳腺に見られる固い腫瘤。初期には通常無症状。悪性度は8〜9割にのぼる。成長が速く、転移も起こりやすい

治療乳腺の外科的切除。乳腺の全摘出術が再発を明らかに下げるという報告がある。または化学療法があるが、確実な方法とは言えない

鑑別診断:乳腺炎、乳腺過形成


足跡P_031.gif 足跡P_031.gif 足跡P_031.gif



関連記事:猫の繁殖生理猫・知っておきたい病気--泌尿器

posted by みの at 10:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。