TOP   動物愛護推進員とは?   適正飼養   行政関連   日記  掲示板

犬の健康管理    猫の健康管理    ペット豆知識    むだ知識

お知らせ    活動    新しい飼い主探し

推進員のつぶやき ※別ブログ

各カテゴリをクリックすると、カテゴリ内記事が一覧表示されます
新しい飼い主を募集している動物については、「お知らせ」カテゴリに分類されています


※現在、飼い主募集中の子がいます!※
サイドバー 飼い主募集中!からクリックしてごらん下さい

ぴかぴか(新しい)新しい飼い主探しネットワークぴかぴか(新しい)
こちらこちらをご覧ください


動物が好きな方、動物愛護に関心のある方、ご連絡ください
自分にできる事、ちょっとした事でいいのです。一緒に始めてみませんか?


※飼い主探しの記事のリンクにご協力いただける方がいらっしゃいましたら
当ブログのコメントかメールにて、管理人のほうまでご一報ください






2006年07月10日

犬・夏の健康管理

毛のはえていない人間も暑さにうだる夏ですが、全身毛むくじゃらのペットにはさらに過酷です。健康管理には充分注意してあげましょう。


 snmdogbs.gif snmdogbs.gif snmdogbs.gif


<日常生活>
犬はただでさえ人より体温が高いうえ、体に汗腺が少ないため、汗をかいて体温を下げる事ができず、呼吸と舌からの蒸散で体温を下げるしかありません。日常生活では体温を上げすぎないように注意してあげましょう。
室内飼いの犬には、カーテンを引いて直射日光を避ける・窓を開けて風を入れる・敷物をよけて板の間を増やすなどすると、過ごしやすくなります。人と同じように、クーラーの効きすぎた室内と暑い室外をたびたび行き来すると体調を崩す原因になりますので、注意して下さい。ペット用のアルミや大理石製のプレート等を活用することも良いでしょう。
室外にいる犬は、直射日光に当たらない場所に移動させましょう。小さな犬小屋では体がのばせず熱がこもりやすいので、よしずや板などで日陰を作ってあげる必要があります。新鮮な飲み水を欠かさないようにして下さい。


 snmdogbs.gif snmdogbs.gif snmdogbs.gif


<食べ物>
気温が高いと、フードが劣化しやすくなります。手作りフード・缶詰めフードは置き放しにせずすぐに片づける、ドライフードは小袋で購入して開けたら早めに食べきるようにし、酸化を防ぐことがおすすめです。ドライフードの保管は涼しい場所を選んでください。
フードで汚れた水などもこまめに取り換えて、新鮮なものを飲めるように用意してあげてください。


 snmdogbs.gif snmdogbs.gif snmdogbs.gif


<体のケア>
暑さ対策として毛を刈る場合、全身を丸刈りにすることはおすすめできない場合があります。背中など日光が直接当たりやすい場所や、四肢などの場所に、外部からの刺激が直接届いてしまうことになりますし、バリカンで丸刈りにすることで毛質が変わってしまう犬もいるためです。
指間の毛やお腹の毛などをカットするにとどめ、全身を丸刈りにすることは避けたほうが無難です。
シャンプーは、医療上特に必要がある場合を除いて、3週間〜1ヶ月に一度以上は行なわないようにしてください。頻度が高すぎると、皮膚に悪影響を及ぼす可能性があります。濡れた被毛はよく乾かします。ただしドライヤーの熱風で体温が上がりすぎないように、冷風を多用するなどの注意が必要です。
暑い時期は皮膚のトラブルも起こりやすくなります。耳・お尻周りなどを含めた全身のチェックをこまめに行なって下さい。ダニノミなどにも注意が必要です。


 snmdogbs.gif snmdogbs.gif snmdogbs.gif


<散歩について>
犬は靴を履いていません。暑い盛りの散歩は、焼けたアスファルトなどで足裏にダメージを受けないよう、早朝・夕方などの時間を選んで行なってあげて下さい。
靴などを履かせることは、慣れた犬なら結構ですが、慣れない犬にはストレスになったり、足を気にして関節などに負担がかかったりしますので注意して下さい。
暑い時間の長時間の散歩は、熱中症の原因にもなります。


 snmdogbs.gif snmdogbs.gif snmdogbs.gif


<病気について>
締め切った室内や車内などで過ごした場合、また、日除けのない室外や、長時間の散歩などで、熱中症にかかる可能性があります。熱中症は処置が遅れると命に関わることもある、危険な病気です。

・呼吸が異常に速い(正常では1分間に10〜30回程度)
・口を開けて呼吸する
・よだれが出ている、お腹が張っている
・嘔吐
・体や耳が熱い
・無尿、痙攣、昏睡


などの症状が見られた場合、速やかに動物病院で処置を受ける必要があります。


 snmdogbs.gif snmdogbs.gif snmdogbs.gif



夏季になんとなく体調が思わしくない、という場合、簡単に「夏バテ」と考えてしまいがちですが、日常生活できちんと注意してあげていれば、夏バテはあまり見られません。
重大な病気の兆候がたまたま夏に出ただけ、という場合、「夏バテ」と軽く考えていて手遅れになってしまうという可能性もあります。気になる変化がある場合、必ず動物病院に相談して下さい。


関連記事:猫・夏の健康管理
posted by みの at 20:18 | Comment(4) | TrackBack(0) | 犬の健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本格的に暑くなってきましたね〜。
札幌はアスファルトの道路が多くて、ツライです。
晩の散歩の時間がだんだん遅くなってますよ。
室内トイレがあるので、時間の調節が出来るのが
ありがたいです。
犬も散歩の時間を気にして、水を飲むのを控えたり
するのかしら?
うちのワンズは、晩7:30くらいに散歩終わっても
帰って水をガブガブ飲むせいか、夜中にトイレに行ったり
してます。
20分以上の散歩には、お水はかかせない時期ですよねー。
Posted by ふみママ at 2006年07月11日 12:24
都市部は大変ですよね。はだしで熱い道路って、人間でも辛いでしょうね。室内で過ごす時間が多い小型犬なんかは、人間と同じくらいつらいかも?
お水は咽が乾く前に飲む!というのは暑いときの鉄則なので、こまめに水分補給させてあげてください。お散歩のことを考えて水を飲むのを調節・・・どうなんだろ?しないような気がしますが、するんでしょうか?
Posted by みの at 2006年07月12日 17:31
お水は喉が渇く前に飲む!ですか。
散歩中はオーレはあまり水を飲まないんですよね。
ふみは水の要求が早すぎますが・・・。

室内では、氷をあげたりしてるけど
お腹壊したりするかしら?
あげすぎないようにはしてますけど。
Posted by ふみママ at 2006年07月13日 12:16
ふみちゃんとオーレを比べると、絶対ふみちゃんのほうが暑いですよね。オーレは熱放散の効率がよさそうなので、ふみちゃんよりは暑くないかも・・・。
あんまりたくさん食べ過ぎるのは良くないですけど、適量なら氷は問題ないと思いますよ〜。
Posted by みの at 2006年07月13日 20:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20583293

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。