TOP   動物愛護推進員とは?   適正飼養   行政関連   日記  掲示板

犬の健康管理    猫の健康管理    ペット豆知識    むだ知識

お知らせ    活動    新しい飼い主探し

推進員のつぶやき ※別ブログ

各カテゴリをクリックすると、カテゴリ内記事が一覧表示されます
新しい飼い主を募集している動物については、「お知らせ」カテゴリに分類されています


※現在、飼い主募集中の子がいます!※
サイドバー 飼い主募集中!からクリックしてごらん下さい

ぴかぴか(新しい)新しい飼い主探しネットワークぴかぴか(新しい)
こちらこちらをご覧ください


動物が好きな方、動物愛護に関心のある方、ご連絡ください
自分にできる事、ちょっとした事でいいのです。一緒に始めてみませんか?


※飼い主探しの記事のリンクにご協力いただける方がいらっしゃいましたら
当ブログのコメントかメールにて、管理人のほうまでご一報ください






2006年10月20日

エトキシキンについて

ペットフードの話題では必ずと言っていいほど触れられるエトキシキンという物質。

「エトキシキンは、あの枯葉剤の原料となった、非常に毒性の高いダイオキシン系の物質です」

これがエトキシキンについてのインターネット上の定説のようです。
ほんとうにそうなのか?調べてみました。結果はというと、

どうやらエトキシキンはダイオキシン系の物質ではないようです。


エトキシキンは酸化防止剤として使われる物質であり、正式には6−エトキシ−2,2,4−トリメチル−1,2−キノリジオールという物質である
ダイオキシン類は、ポリ塩化ジベンゾ−パラ−ジオキシン、ポリ塩化ジベンゾフラン及びコプラナーPCBのような物質を、まとめてダイオキシン類と呼ぶ
以上のことから、エトキシキンとダイオキシン類は、違う物質であると言える

ちなみに、
枯れ葉剤の主成分となったのは2,4,5−T(2,4,5−トリクロロフェノキシ酢酸)や2,4−D(2,4−ジクロロフェノキシ酢酸)などの物質である
ダイオキシンは枯れ葉剤の不純物として含まれていたことで問題となった

(環境省水・大気環境局総務課ダイオキシン対策室に問い合わせをしたところ、以上のような回答を得ました)

※これはエトキシキンの安全性を保証するものではありません。エトキシキンのペットフードへの添加については、引き続き調査が必要であると思われます※


多数派の情報であっても正しいとは限りません。
見極めは難しいですが、愛するペットのためにも、正しく情報を評価するように心がけてください。
posted by みの at 21:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | ペット豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
定説になっていても検証してみる、こういう姿勢って大事だと思います。みのさん、すごい。私はあまりにあちこちに、エトキシキンについてそう書かれているので、検証さえしませんでした;;

また、このとてもためになるブログにお邪魔します。楽しみにしています。
Posted by HΛLママ麻呂 at 2006年11月26日 11:47
HΛLママさん

エトキシキンとダイオキシン・・・何となく字面が似ているからなのかどうか分かりませんが、調べ始めてみると「エトキシキン=ダイオキシン」という説があまりにも広まっている事に関して驚きを持って眺める事になりました。

この化学物質の正体がなんであるかということよりも、「情報を鵜呑みにする事のこわさ」というものについて考えてみるきっかけになればと思います。

それにしても私、学生のときは化学すっごく苦手だったんですよね・・・
Posted by みの at 2006年11月26日 20:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25827099

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。