TOP   動物愛護推進員とは?   適正飼養   行政関連   日記  掲示板

犬の健康管理    猫の健康管理    ペット豆知識    むだ知識

お知らせ    活動    新しい飼い主探し

推進員のつぶやき ※別ブログ

各カテゴリをクリックすると、カテゴリ内記事が一覧表示されます
新しい飼い主を募集している動物については、「お知らせ」カテゴリに分類されています


※現在、飼い主募集中の子がいます!※
サイドバー 飼い主募集中!からクリックしてごらん下さい

ぴかぴか(新しい)新しい飼い主探しネットワークぴかぴか(新しい)
こちらこちらをご覧ください


動物が好きな方、動物愛護に関心のある方、ご連絡ください
自分にできる事、ちょっとした事でいいのです。一緒に始めてみませんか?


※飼い主探しの記事のリンクにご協力いただける方がいらっしゃいましたら
当ブログのコメントかメールにて、管理人のほうまでご一報ください






2006年11月04日

犬の譲渡会

名寄市で行われた犬の譲渡会に見学に行ってきました。

譲渡会 .gif

私は譲渡会ははじめてだったのですが、スタッフは経験のある方だったので、「犬の譲渡の実際」についてとても興味深く見せていただきました!
結局この日は、集まった犬の半数以下が譲渡され、残った犬は次の譲渡の機会を待ち、またある犬はボランティアの方のお宅に預かられるという結果になったのですが・・・行政開催の譲渡会では抽選で新しい飼い主希望者が余るという状況も珍しくないということを聞くにつけ、犬の譲渡にはタイミングも重要なんですね、と思います。

こうして実際に譲渡会の模様を見て、経験者のお話をうかがってみると、どんなことに注意を払うべきか、どんなことを重要に考えるべきかということがよくわかります。
今、宗谷支庁では譲渡会を行う予定はありませんが、こうした経験は将来的に役に立つだろうな、ということが実感できました。

結論としては「譲渡会というものはいろいろな難しさがある」ということが分かった、ということになるのですが、やはり現状では「犬の譲渡」は重要な位置を占めているのは間違いありません。
難しさをいかに乗り越えて譲渡をすすめるか、ということは、全国様々な場所で、今この時も命を亡くしていく犬のためにも、深く考えなければいけない問題だと思います。

最後に、今回の譲渡会への見学を快く承諾してくださったNさん、保護と譲渡について(その他についても)お話を聞かせてくださったS先生、その他怪しい私を怪しみもせず気さくにお話に応じてくださったスタッフの皆様、本当にありがとうございました。
posted by みの at 15:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。