TOP   動物愛護推進員とは?   適正飼養   行政関連   日記  掲示板

犬の健康管理    猫の健康管理    ペット豆知識    むだ知識

お知らせ    活動    新しい飼い主探し

推進員のつぶやき ※別ブログ

各カテゴリをクリックすると、カテゴリ内記事が一覧表示されます
新しい飼い主を募集している動物については、「お知らせ」カテゴリに分類されています


※現在、飼い主募集中の子がいます!※
サイドバー 飼い主募集中!からクリックしてごらん下さい

ぴかぴか(新しい)新しい飼い主探しネットワークぴかぴか(新しい)
こちらこちらをご覧ください


動物が好きな方、動物愛護に関心のある方、ご連絡ください
自分にできる事、ちょっとした事でいいのです。一緒に始めてみませんか?


※飼い主探しの記事のリンクにご協力いただける方がいらっしゃいましたら
当ブログのコメントかメールにて、管理人のほうまでご一報ください






2006年11月22日

新しい飼い主さんへ

稚内保健所に入った子猫4頭の新しい家族をポスターを貼るなどして探していましたが・・・

無事に全員が新しい飼い主さんを見つけることができました!

支庁の職員さんと保健所の方々のご協力の賜物でございます!
最近の宗谷支庁は保健所動物の譲渡率が目覚ましくあがっていますぞ〜〜〜(たぶん)。

P251iS02054.jpg

新しい幸せを見つけたにゃんこです。可愛いですね〜。
一人で走り回っていろんなものに猫パンチを繰り出してる姿を見ると「萌えってこういうことか・・・?」と思います。
知らない家に来ても全く恐れげのない子で走り回るので、シャッターチャンスが・・・
このブレブレ写真が上出来です・・・
posted by みの at 21:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良かったね〜。
ニャンコは、本当に数が多すぎてどこも大変みたいだから。
私の知人も、立て続けに猫を拾ってますよ。
先住猫1匹(1匹は去年他界)だったのに、妊娠中の母猫を保護し
里子に出た子猫以外の母猫と子猫2匹・・・。
なのに最近、行き倒れていた生後7ヶ月くらいの猫も保護しちゃって家計が火の車らしい。。
しばらく点滴通わないとならないくらいの衰弱ぶりなので。
犬の殺処分が減ってる一方、猫は横ばいに近いのはなんでなんででしょうね。
Posted by ふみママ at 2006年11月25日 01:33
こんにちは〜。
最近の宗谷支庁での譲渡がうまくすすんでいる最大の理由は「担当職員の熱意!!」だな〜と思いながら見ています。
探そうとしなければ見つからない、という文章にしてしまえば当たり前のことが、実際問題となると何故かなかなか・・・。

猫を助けたい人というのはたくさんいるらしいのに(そういうタイプの猫好きには実に熱意ある人が多いような気がします。熱意の方向は様々ですが)猫の問題がなかなか良い方向に向かないのは何故か?ということなんですが・・・
私の個人的な考えでは、猫問題を難しくする一端を担っているのはやはり猫好きという面があるのでは?という気がしています。猫の問題で無視できないのは「餌やり」ですよね。世の中にはいろんな猫好きがいます・・・。
Posted by みの at 2006年11月25日 12:13
>最近の宗谷支庁は保健所動物の譲渡率が目覚ましくあがっていますぞ〜〜〜(たぶん)。

これは、みのさんの熱意が、周りの人を動かして良い結果に結びついているのではないでしょうか。猫ちゃんの里親探しって、本当に大変らしいですものね。

猫って、自由のお散歩してる子が多いでしょ。犬は人が連れていかない限りお散歩に行かないけど、猫ちゃんはノーリードで、自由にしてる。そこが、犬と猫の違いで、何時の間にか赤ちゃんができてて。。。という増え方をしちゃうのかも。

いずれにせよ、里親さんが見つかったニュースを聞くのは嬉しいものです。みのさん、ありがとう!!!!!
Posted by HΛLママ麻呂 at 2006年11月26日 11:37
HΛLママさん

残念ながら、猫に関しては私はまだまだ努力不足だと思ってます。というか、恥ずかしながら猫のことは意識して避けている部分も少なからず・・・
まさにその通りで「勝手に出歩かせている」というのが猫に関して最大の特徴ですよね。
その点についてはいろいろと考えるところがあるのです。
避妊さえすれば勝手に出歩いていいのか?
好き勝手に歩くということは好き勝手に人の敷地に出入りして、どこか好きなところでトイレをしてる可能性が
高いってことですよね。
新しく猫を飼う人に対しては、室内飼いと自家繁殖させないってことを強く要請しているのですが、今までずっと外で飼っている人に対してどうしたら良いのかってのは頭の悩ませている問題です。

でもまあ、この子に関しては本当に良いご家族が迎えてくれたので、それだけでも良かった!と思います。
少しずつですよね。
Posted by みの at 2006年11月26日 20:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28054934

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。