TOP   動物愛護推進員とは?   適正飼養   行政関連   日記  掲示板

犬の健康管理    猫の健康管理    ペット豆知識    むだ知識

お知らせ    活動    新しい飼い主探し

推進員のつぶやき ※別ブログ

各カテゴリをクリックすると、カテゴリ内記事が一覧表示されます
新しい飼い主を募集している動物については、「お知らせ」カテゴリに分類されています


※現在、飼い主募集中の子がいます!※
サイドバー 飼い主募集中!からクリックしてごらん下さい

ぴかぴか(新しい)新しい飼い主探しネットワークぴかぴか(新しい)
こちらこちらをご覧ください


動物が好きな方、動物愛護に関心のある方、ご連絡ください
自分にできる事、ちょっとした事でいいのです。一緒に始めてみませんか?


※飼い主探しの記事のリンクにご協力いただける方がいらっしゃいましたら
当ブログのコメントかメールにて、管理人のほうまでご一報ください






2007年01月25日

「飼い主募集」の表現について

このブログでは、飼い主のいない動物の引き取り手を募集する際の表現として

「里親」 「里子」

等の表現ではなく

「新しい飼い主」「新しい家族」

といった表現を用いております

社会的配慮からこのような表現となっておりますので
ご理解とご協力をお願いいたします

 
【動物愛護推進員とは?の最新記事】
posted by みの at 10:43 | Comment(5) | TrackBack(0) | 動物愛護推進員とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://www39.atwiki.jp/satooya/などで取り上げられている里親団体のためでしょうか。
それなら「家族」という表現はまずいのではないでしょうか。
里子は里親の家族ではありませんから動物を家族扱いすることで里子は動物以下という誤解を招きます。
Posted by 社会的配慮とは at 2009年06月14日 22:45
ご指摘ありがとうございます。

大変不勉強で申し訳ないのですが、里子は里親の家族ではないのですか?その点がはっきりと自身で理解できていないため、北海道動物愛護推進員として(北海道の立場として)の公的なお返事が出来かねます。申し訳ありません。

ここからは私の個人的な意見になりますが、基本的にどちらが上でどちらが下か、どちらが優れていてどちらが劣っているか、という見方をすることは、私にとってあまりなじみ深い感覚ではありません。
私は、任意の言葉を発する/受け取る人の中に存在する差別意識が、任意の単語に差別の感情を含ませるのだと思っています。たとえばこの場合、新しい家族という言葉が問題なのではなく、それを発する人、受け取る人の中に差別意識が存在することが問題になるのではないでしょうか。
ですので、里親里子という言葉の問題に限らず、「言葉」を追及したり、排斥したりていくことが、本質的な解決につながるとは思いません。

あまり建設的なご返答にならずに申し訳ありません。ですがご指摘の点についてはよく考えなければならないと思います。ありがとうございました。
Posted by みの at 2009年06月15日 19:07
北海道動物愛護推進員の日記 管理者 様

管理者様の動物愛護等に関係する、すばらしい活動に対し心からの敬意を表します。

「里親」「里子」の表現について、正しい御配慮を頂きありがとうございます。
登録里親の一員として感謝致します。

管理者様のご活躍により、より多くの命が救われます事を祈願致します。
Posted by ベル at 2009年06月17日 07:23
>里子は里親の家族ではないのですか?
もしかして養子と勘違いされてませんか?

>基本的にどちらが上でどちらが下か、どちらが優れていてどちらが劣っているか、という見方をすることは、私にとってあまりなじみ深い感覚ではありません。
本気で書かれてますか?
人間と動物のどちらが上か考えるまでもないじゃないですか。
動物は不要とされれば処分されますが人間は親に捨てられても処分されません。
哀誤家はこのような狂った考えを持った方ばかりなのでしょうね。

里親は人間の子供を育てるという社会のための活動ですが動物を飼うことは単なる道楽です。
それを同じ名称で呼ぶことであたかも動物を飼うことが里親になることと同じくらい偉いと誤解させ里親の地位を相対的に低下させる哀誤家には反吐が出ます。
Posted by 里親 at 2009年06月17日 16:02
里親さま

ご指摘ありがとうございます。
最初のコメントを頂いてから、里親制度についてのサイトを見て、仕組みについて少しは知ることができました。
養子縁組とは別なのですね。勉強になりました。ありがとうございました。
Posted by みの at 2009年06月17日 16:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。