TOP   動物愛護推進員とは?   適正飼養   行政関連   日記  掲示板

犬の健康管理    猫の健康管理    ペット豆知識    むだ知識

お知らせ    活動    新しい飼い主探し

推進員のつぶやき ※別ブログ

各カテゴリをクリックすると、カテゴリ内記事が一覧表示されます
新しい飼い主を募集している動物については、「お知らせ」カテゴリに分類されています


※現在、飼い主募集中の子がいます!※
サイドバー 飼い主募集中!からクリックしてごらん下さい

ぴかぴか(新しい)新しい飼い主探しネットワークぴかぴか(新しい)
こちらこちらをご覧ください


動物が好きな方、動物愛護に関心のある方、ご連絡ください
自分にできる事、ちょっとした事でいいのです。一緒に始めてみませんか?


※飼い主探しの記事のリンクにご協力いただける方がいらっしゃいましたら
当ブログのコメントかメールにて、管理人のほうまでご一報ください






2010年09月24日

動物愛護週間 市民フォーラム

旭川の市民フォーラムに行ってきました。

演題は
「知っていて得する犬と猫の話」
  旭川ハート動物医療センター 有沢幸二先生
「大切な動物の命 - 処分頭数ゼロを目指すために」
  旭川市保健所 衛生検査課長 嘉見隆好先生

の二つ。
総合司会は旭川動物園の坂東元園長の予定でしたが、
当日は展示係の福井先生がなさいました。


まず気になったのが、一般参加者の少なさ。
会場も小さかったので、例年それほど参加する方がいないのだろうとは思いましたが、
それにしても関係者ばかりが着席していますね…
昨年はどうだったのでしょう


「知っていて得する犬や猫の話」
これは……  う〜ん…という感じ。
市民フォーラムですから一般市民の方向けだと思って聞いていたのですが、
実際の内容は、一般向けかなあ…?と思わされるものでした。
もちろん、一般の飼い主さんに役に立ちそうな知識は
そこかしこにちりばめられているのですが、
ほかの情報の間にちょこっと挟まれている感じなので、
一般の飼い主さんにはわかりづらかったかもしれません。
「まとめのスライド」には
今までのスライドとあまり関係のない内容もかなり含まれていたし…
全体としての印象は
「今までこんな手術をしてますよ」という症例発表でした。
こう言ってはなんですが、期待して行っただけにちょっと残念な内容でした…


「大切な動物の命 - 処分頭数ゼロを目指すために」
こちらは、笑いもなくしごく淡々と進みましたが、
内容はというと、
旭川市が本気でそれをするならすばらしい!という内容でした。
(「本気ならば」です。建前かもしれないので…懐疑的に過ぎるかもしれませんが)
ただ、建設理由のひとつに
動物愛護を進めるにあたって「拠点が必要」というものがあったのですが、
そこはちょっとどうかしらと思います。
拠点がなくても動物愛護を推進している人も、世の中にはたくさんいるわけですし。
ですが拠点があればそれらがやりやすくなる、というのであれば、まあそれで良し。
今の理念と方向性がそのまま実現されるのであれば、
大変期待できるのでは?と思いました。


総合司会は坂東園長の予定だったのですが、福井先生がなさいました。
私は坂東園長の司会も楽しみだったのでそこも残念でしたが、
そのこととは別に、福井先生の司会進行について違和感を感じました。
司会進行というのは会を円滑に進めるという役割を担うものであり、
あまり自分の意見を述べる立場ではないものと考えていたのですが…
保健所の嘉見先生のスライドの中に「地域猫」への言及があったのですが
その対策について
「公共性のある事業ではない。市民の血税を使ってすべきであるとは思わない」
と真っ向から反対意見を述べられたことに驚きました。

意見の内容がどうということではなく、
総合司会でなく一聴講者としてであれば、
そうした意見を述べることもありだとは思います。
しかし総合司会という席につき、進行の一部としての発言に
そのような個人の(しかも強い反対の)意見を入れることは
正直言って常識からはずれているのではないか?…と強く疑問を感じました。

その上、挙手してこの反対意見についてさらに反対意見を述べられた一般の方に対して
「おっしゃりたいことはなんとなくわかりますが、もう時間の都合もあるので…」
と途中でストップされ、
その方のおっしゃりたいことのまとめさえなさらずに次の進行に移られてしまったことにも
やはり不快感を感じました。

会をスムーズに進め、散らばった意見をまとめるのが司会の役割のはず…
講演を聴きに来た人は、司会の意見を聞きに来たのではないのにな、と
かなりもやもやが残りました。


講演が終わってから、嘉見先生と地域猫についてお話させていただきましたが、
嘉見先生は
「地域猫については、もう少し丁寧にご説明しなければ
なかなか理解が得られないテーマだと思うので…」と
冷静に、かつ情熱的にお話くださいました。
地域猫そのものについては賛否両論あることとは思いますが、
真剣に殺処分を減らすことを、全体が考えて行かなければいけない、
という認識を新たにさせられた講演でした。


ですが、私個人の印象では、
市民フォーラムとしては今ひとつの出来上がりの会だったと思います。
講演内容もそうですし、人選にももうひとつ工夫というか改善が必要だと感じました。
「市民」フォーラムというからには、
もっとたくさんの一般の方が参加するような会になったほうが良いと思いますし、
またそうでなければ動物愛護を浸透させるということも
先に進めないのでは、と思います。

s小豆100914-1.jpg保健所出身です
無事に飼い主にめぐり合える犬猫ばかりではありません。
処分される犬猫が少なくなってほしい…
それは犬猫が好きだから、嫌いだからということではなく、
命に敬意を払い、尊重するという気持ちから出てくるものではないでしょうか。

posted by みの at 15:14 | Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

犬を殺すのは誰か

犬を殺すのは誰か


誰なんでしょうね、犬を殺すのは…

今日は、今まで何頭も飼い主探しの犬を迎え入れ、
最後まで看取ったこともある人から
「一度くらいペットショップから子犬を買いたい」
と言われ、がっかりしてしまった私です。

犬を好きなら、知りたくないことにも目を向けてほしい。
犬を好きじゃなくても、知っておいてほしい。
どんなことが起きているのか。


表紙.JPG
裏表紙.JPG
posted by みの at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

つぶやきブログ

しばらく記事を更新していなかったので
邪魔な広告が出てしまいました(汗
とりあえず日記を書いておきましょう・・・

推進員のつぶやきブログを作りました。
私のひとりごとブログですので、たいていの人は読まなくてもいいかも・・・
ちょっと思ったことなどを書いてみようと思います。

posted by みの at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

新年

あけましておめでとうございます。

今年もそれとな〜くがんばっていきたいと思いますので、
どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m


昨年活動中は、支庁での保護犬猫の死亡率が高く
(体調不良による死亡&殺処分)

やりきれない思いにかられることが多かったです。

しかるべき治療を施せば治癒もあり得た子も中にはいたと思いますし、
行政による「性格に難あり」の判断で殺処分になった犬猫についても
私やほかの推進員から見れば「難あり??」と首をかしげる例もあり。
今までの活動から、個人的には
飼い主探しをまともにすればけっこう新しい飼い主が見つかるものだ、
という印象を持っています。が…
そのへんは行政職員のやる気にかかってきてしまうようですし…たらーっ(汗)

収容される頭数を減らせるように
動物愛護と適正飼養についての啓発活動も必要だろうと思うのですが、
そこについても行政的な指針がいまいち見えてこない。

行政による動物愛護と推進員の思惑、
いまいちかみ合わないこともまだ多いようです。

また新年早々愚痴になってしまいました。すみませんm(_ _)m
何はともあれ、今年もよろしくお願い致します!
posted by みの at 10:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

犬の散歩にもご注意を

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090829-00000065-mai-soci

Yahooニュースより抜粋。

>調べでは、男性は27日午後4時ごろ、自宅近くの白川堤防沿いの道路をゴールデンレトリバー(オス9歳)を連れて散歩していた。犬は路上に置いてあったパンを食べ、家に戻ってから嘔吐(おうと)などの症状が出て約2時間半後に死んだ。犬は元気だったため、突然の死を不審に思ったという。

以上、抜粋です。

*************************************

どこにでも危険が(文字通り)転がっていますね・・・

もし本当に毒入りパンを道路に置いた人がいるとしたら、もちろん相当悪質ですが
自分の犬が散歩中に落ちているものを食べないように
気を配ることも飼い主さんのつとめ。
目を離してしまった、もしくは散歩中に犬のコントロールができない
いずれにしても飼い主さんにも責任があると思います。


私にとっては、
散歩のしつけも大事
だと思わされるニュースでした。


posted by みの at 07:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

明けましておめでとうございます

新年のお喜びを申し上げます。

昨年は支庁を移ったり、新しく仕事を始めたりと
さまざまな変化にかまけて
ブログの更新が減ってしまいました・・・

動物愛護推進員の活動自体も、
支庁が変わるとがらりと変わります。
上川支庁での活動は、
まだ全く定まっていない状況ですが
今年もできる事から頑張っていこうと思います。

手始めといっては何ですが、
道北の無料情報誌『はーべすと』に
推進員のコラムを掲載する予定です。
どうぞごらん下さい。

皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by みの at 09:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

野鳥のひなを拾わないで

北海道も桜の季節を終え、さみどりの目にまぶしい季節に入りました。
遅まきながらではありますが、ブログデザインを若葉に一新いたしました・・・
が・・・
桜の大好きな管理人としては、ちょっと名残惜しい気も・・・

北海道では、桜のマジョリティは「ヤマザクラ」。
ヤマザクラは、葉と花が一緒に見られるのが普通です。
葉っぱは褐色、花は八重(一重もあります)、花弁は濃い桜色。
もちろんヤマザクラも風情のある、美しい花です。
ただ、桜と言えば、私にとっては本州の桜
一重の花弁を染めるあるかなきかの淡い桜色、花だけで重たく見えるほどの枝々、桜の匂い。
本州の桜がとっても懐かしい管理人です。



さて、今日は愛護動物に関する話題ではありません。
野生動物のこと。
(当てはまるカテゴリがありませんので、日記で)

野鳥のひなを見つけたら、皆さんどうされますか?
「一人で泣いてる!可哀想〜。連れて帰ってウチで面倒見よう!」
と思ってしまいます?

実はこれは大変な間違いです。

野鳥のひなを見つけたら、拾わないで下さい

野鳥が地べたで泣いている状態というのは、確かに普通ではありません。
ただし、致命的かどうかは、場合によります。

野鳥のひなは通常、あまり長い距離を移動することはありません。
仮に野鳥のひなが地面で鳴いていた場合、それは
近くに巣がある(=近くに親鳥がいる)ことを意味する場合が多いのです。

親鳥は、巣から落ちたひなに対しても子育てを続けることがよく見られます。
ひなを人の手で保護してしまったら最後、
また元の場所に戻したとしても、
親鳥が同じように面倒を見るかどうかは分かりません。
人の手が触れたことが原因で、親鳥が面倒をみなくなり、
そのひなは死んでしまう、という可能性も、十分に考えられます。



ひなを拾ってしまう人には、多くの場合、まったく悪気はありません。
それどころか、「よかれと思って」することが多いと思われます。

ですが、拾ったひなを上手に育てられる人は、ほんの一握りの人でしょう。
多くの場合、「育雛」というのは
知識と経験が不可欠な、大変困難な作業です。

えさをうまく食べさせられない、
またそのひなの必要とする餌を調達できないなど、
育てる側が未熟であれば、そのひなは生き延びることができません。


可哀想、という思いからであっても、
不用意に手を出すことによって、ひなの命を危険に晒すことがある、
ということを、十分に知っておく必要があります。


特に、子供がひなと出会った場合、
「泣いている小さな生き物」を庇護しよう、と
非常に安易に手をだしてしまいがち
です。
お父さん、お母さんは、ご自分のお子さんに
ひなを拾うことでひなを殺してしまう可能性がある、ということを
わかりやすく教えておくことも、大切でしょう。




posted by みの at 22:15 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

本州滞在 その2

本州に滞在中大変お世話になったドッグカフェ&トレーナーさん

ここでは、少人数ながらお客さんたちが自らサークルを組織して
K-9ゲームの練習会を定期的に開いているんです。

K-9ゲームとは?

私自身は名前は知っているものの、実際に見たこともやったこともないので
正直内容は知らないのでした。
そこで是非見学させてください!てなお願いをしてみたのですが・・・


と〜っても面白いんです黒ハート


お邪魔させていただいた練習日の中の一コマをご紹介します・・・

K9ゲーム.MOVミュージックチェア
音楽に合わせて椅子取りゲームをするのですが、その間犬には「マテ」をさせておかなくてはいけません。マテをしているワンコがお尻を上げてしまったら、飼い主さんは必ず椅子から離れて、再度マテをさせます。その間に他の飼い主さんが椅子を取ってしまうというわけ。
なので、椅子からあぶれてしまった飼い主さんは、他のワンコにお尻を上げさせるように、遊びに誘ったりしてあれこれ画策するんです(笑)
手前にいるのはラブラドールのハリー君♪

サクラ.JPGモッテコイをするサクラちゃん
制限時間内におもちゃをいくつ持って来れるかな?というゲームです。飼い主さんにおもちゃを渡して褒めてもらったら、またおもちゃを一個持って来て・・という繰返し。
でもビーグルのサクラちゃんは、元気印のハイパワービーグル。おもちゃを一つ持つと、「私のだもんね〜♪」とばかりにパパから離れて行ってしまうサクラちゃん(笑)「サクラ!サクラ〜!」というパパの声がむなしく響き渡るのでした・・・

セナ.JPGポメラニアン、セナちゃん
セナちゃんは初めての犬&人には厳しいワンコです。
ミュージックチェアでは、すぐ前を歩く初対面のハリー君にライバル心ばりばり・・・体が大きくても気の優しいハリー君は「ひょえ〜〜〜」とばかりにシッポを下げて降参。ゲームが終わって「やってやったぜ!」と得意満面のセナちゃんでした。

いいな〜、おもしろそう・・・でも犬がいない・・・とうらやんでいたら
トレーナーさんからは、
「みのさんも早く楽しいワンライフを送れると良いですね!」
と優しいお言葉をいただきました。がんばるぞ〜!

posted by みの at 11:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

本州滞在 その1

私事ではありますが、管理人・みのは本州出身でございます。
私用により、夏〜秋にかけて本州の実家に滞在してきました。

さる縁からお近づきになった地元のショーハンドラーさんに、
実家から車で一時間くらいの場所に
ドッグカフェオーナーさん&トレーナーさんがいらっしゃることを教えていただき、
本州滞在中に何度かお邪魔させていただきました。

WAN横.jpg ノンちゃん.jpg 久美さん.jpg

可愛くて落ち着いた感じのカフェ店内には、
ちょうどミニ写真展が開かれていて、
カフェのワンコやお客さんたちの写真が飾られていました。

中央の写真は、お店の看板娘の一人、
ゴールデンレトリバーの「のんちゃん」です。
右端は、のんちゃんと、のんちゃんのご主人のトレーナーさん♪
カフェオーナーさんの妹さんです。
とっても元気で優しい方で、私と同年輩♪
このオーナーさんやトレーナーさんのお子さんたちがまた可愛いんです〜!

カフェオーナーさんの手による美味しいお料理が楽しめて、
手作りパンをお土産にすることもできます。

ドッグカフェ WAN
HPはこちら

気さくなオーナーさんご家族と、
大小さまざまなかわいいワンコが出迎えてくれますよ♪
posted by みの at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

オージーちゃんの新生活は・・・

稚内保健所からお嫁に行った(?)オーストラリアンシェパードの女の子

いつも元気いっぱい晴れお気楽いい気分(温泉)お尻ぷりぷり〜ぴかぴか(新しい)(しっぽがないのでお尻くねくねで嬉しさを表現するのです)のオージーちゃん、幸せになります♪的なオーラを醸し出していそいそと新しい車に乗り込んだわけですが・・・

新しい名前も決まり、友達もでき、新生活は好調な滑り出しの模様るんるん

こちらをご覧ください。

不幸にして保健所に保護される運命となった動物が、いろいろな方のご協力でこうして新しい生活をスタートできることはとても幸せなこと。
ほんとうに皆さんありがとうございました。

posted by みの at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

北海道は寒い

つい先日、今年初の積雪を記録したわが町。
津波が来るかと思って焦りましたが大丈夫でした。
寒いときの罹災は辛いでしょうね・・・何事もなくてよかったよかった。

P251iS02050.jpg今日のももははじめて知らないアパートに入って、きちんとおすわりできました〜の図。
ちょっと緊張&興奮気味です。


今度の講習会ではモデルを務めてくれる予定です。

posted by みの at 15:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

札幌からのお客様

遠く札幌からお客様が来てくれました!嬉しい!

以前子犬の飼い主探しでも力になってくれたもりこ様&ちゅうちゃん&ぱぴこ様!ちゅうちゃんの毎日はこちらのブログで。
名目上はお散歩講座に・・・ということだったのですが、ちらっとお話してさようなら〜という感じに・・・もりこ様ごめんなさい!次に会ったらゆっくりお話ししてごはんでも食べましょう。

もりこ&ちゅう.gif

↑↑ 最北端の地を制覇したもりこ&ちゅう。

スタイル良のもりこ、興奮してフガフガのちゅう、熊さんのようなぱぴこ、と可愛いぞろいでほんわかした気持ちになれました〜。
本当にありがとうございました!

posted by みの at 09:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

活動実績の報告

北海道動物愛護推進員の活動実績報告書を提出するようにという事務連絡を受け取りました。

推進員の募集に応募してからもう一年が経つんだな〜という印象です・・・(実際に委嘱されてからは10ヶ月)
この報告書提出が決められているおかげで、今までなにをしてきたのか、を改めて考えてみるきっかけになります。同じく行政の方にも今までの一年をふりかえってもらいたい。
それにしても提出すべき用紙の活動内容欄・・・

ものすごい量のスペースです

こんなに書けるか!!(怒


余談・・・この研修連絡会議なのですが、「一年に一回以上開催する」という取り決めになっています。従って一年に一回・・・う〜ん、最低限のところを満たしてはいてもねえ・・・ちょっと不満。

任期は二年ですので、あと一年。がんばっていこうと思います。
posted by みの at 08:48 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

マイクロチップ講習会

札幌にてマイクロチップ埋込み技術講習会に参加しました。この講習会は全国各地で開かれる予定で、第一回が北海道だそうです。
今回のお話は、ほ乳類の愛玩動物が主体ではなく、爬虫類などの危険動物に対する埋込みがメインでしたが、それでもとても興味深くお話をうかがいました。
今回の参加は推進員としてではなく獣医師として参加したものです。


MCとリーダー.jpg
マイクロチップとリーダー

マイクロチップ.jpg
マイクロチップのケースに注目。肉球のレリーフ付き♪チップ自体は矢印の円部分の中心に斜めに配置されています。小さいですね。


マイクロチップについての情報ページはこちら
posted by みの at 11:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

昨日の活動・・・

昨日は狂犬病予防注射に同行させてもらいました。
事務のお手伝いをするだけだったのですが、ちょっと暇があるときに飼い主さんと犬についてお話させていただくこともできました。印象に残った話をいくつか。

注射の前に出た質問。
「この犬は歯がないけど狂犬病の接種をしなくてはいけないのか?」と小型犬をだっこしながら聞いてきた年配の男性がいました。
「この子は人を噛まないだろうけど、他の犬に噛まれちゃって狂犬病になったら大変でしょう?」
「そう言えばそうだよな」
であっさりと納得して下さったのですが、犬に対する病気の予防という第一義を飛び越えて、人間に病気をうつすかどうかというところに主眼を置いた質問が来たことで、飼い主さんたちの狂犬病に対する理解や知識はどういったものなんだろう?という疑問を持ちました。
狂犬病予防接種は飼い主の義務ですが、法で義務化されていること=人間の利益を守ること、という理解の仕方が、無意識とは言え本質をついているなあと感じた瞬間でもあります。
人と社会を狂犬病の脅威から守るための法律とは言っても、犬を飼っている飼い主さんの立場で見れば「愛犬を狂犬病から守るもの」というのが狂犬病予防接種の第一の意義であるべきだと思います。
日本に狂犬病の発生が長らくないことが危機感を薄れさせている原因だと思いますが、この宗谷支庁においては特に、住民の方々への狂犬病の理解を進めていく必要があるのではないかなと改めて感じました。

担当の獣医さんから聞いた話。
「この子は体調問題ないかな?」
「ああ、最近ちょっと食欲がないんだよね。暑いせいだと思うよ。注射お願い」
よくよく話を聞いてみると、最近悪露が出た、食欲が落ちた、水をたくさん飲んでいると、明らかに「子宮蓄膿症」の疑いあり。今日は注射はしないから、すぐ獣医さんに連れてって下さいね、と言って帰したが・・・ということでした。
よくある病気の症状についての知識は、飼い主さんとしては「持っていて損はない」というよりも「持っているべきである」と思います。特に、こういった僻地においてすぐに病院にかけこむことが出来ないような状況では、早期発見が命を左右するとも言えます。命にかかわる病気については、見分けやすい特徴的症状があるものもありますので、そういったことに関しての
周知も必要なのかなと思いました。
その子、獣医さんに連れていって貰えたかな。心配です。
posted by みの at 09:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

よくわかりません

どこの県でもそうなのか分かりませんが、北海道に関して言えば、募集するときにアクセスできた「募集要綱」を最後に、インターネット上から動物愛護推進員に関する足跡はふっつりと消えてしまっています。
支庁単位で委嘱を受けているので、委嘱後の活動・お知らせなどについては支庁HPに掲載されるものと思うのだが、アニハカランヤ、どこの支庁のHPを見ようとも「動物愛護推進員が委嘱されました」の文言すら見当たらないではありませんか。

民間に広く応募を求めたにも関わらずこの仕打ち。行政側にはどういった作戦や思惑があってのことなんでしょうね。解せません。
動物愛護推進員活動の実際のところは「行政ではない一般人の特性を生かした活動を」「定型的な活動はなく、それぞれ独自のアイディアを生かした活動を」といった感じで、要するに「勝手にやって下さい」というもの。
行政側が活動に関するアイディアを貸してくれない、活動のサポートをしてくれない、積極的な姿勢を見せてくれないという現状を打破するきっかけとして、動物愛護推進員の存在の周知と活動情報の発信、推進員のモチベーションの維持という意味で、ちょこっとブログを開設してみました。

ま、なんとなくやっていければと思いますが。


posted by みの at 18:30 | Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

新年度につき新ブログ開設

バイカラー2匹北海道動物愛護推進員の委嘱を受けてはや4ヶ月・・・一年の1/3が過ぎたというのに、目立った活動もできていません。
新年度も迎えたことだし、一つ気持ちを入れ替えて無意味に新ブログでも開設しますか?
活動報告や今後の活動予定を書き込んでいけるように頑張ります。
練習で画像を貼ってみました。


posted by みの at 10:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。